うめの式

京都在住のライターうめのが綴るあれこれ。

島チャリの旅@石垣島②

【10月5日(火)朝・天気:晴れときどきくもり】

 

10:30 1日目の宿さんだるハウスを出発する。

レンタルショップでママチャリを借り、

いよいよ石垣島1周の旅へ出発。

 

前日、ドミトリー(以下ドミ)の仲間と飲んでいるとき

石垣島をママチャリで一周することを言うと、

みんな口をそろえて

 

むりだwwww

 

という。笑う。

 

わたしも笑う。

「なんとかなる」って。

 

 

 

出発する前から大変なことは

うすうす気づいていたんだけど、

「なんかをやってやる!」

という青い春的な気持ちがあって、

旅するなら何か目的が1つくらいあってもいいんじゃないかと

思った結果がチャリ1周だったのです。

 

ちなみに、これ以外の目的はありません。

 

 行くとこ、見るもの、食べるもの。

そういった石垣島の観光情報もほとんど入れなかった。

 観光しに行ったわけじゃないしね。

 

視覚、

聴覚、

嗅覚、

味覚、

触覚、

 

そういった感覚が、ちゃんと生きてるか確認したかったのかな。

 

 いや、そんな大それたもんでもないか。

 

 

とりあえず、体は健康だったもよう。 

ゲストハウスがあった市街地からから1時間。

チャリなんて余裕でこげない山を登り続けてついたのが

バンナ丘公園。

 

f:id:umenoshiki:20160121113934j:plain

 

もう見えないでしょ。

普通に山でしょ。

 ここまで行ったんです。

 

死ぬかと思ったー!!

ずーーーと登り!!

汗だっらだら!

途中で飲み物なくなって

でも山道だったから自販機1つなくて、

熱射病で死ぬんじゃないかとね。

 

 でも、着いたらそんなの全部忘れるくらいの絶景。

 

f:id:umenoshiki:20160121113959j:plain

 

写真じゃ伝わらないなぁ、きっと。きれいでした。

快晴だったら、あと5倍きれいだった。

 

山ってでかいね。

わたしは完全なる挑戦者。

頂上に立っても、

「すごい」という言葉しかでなくて、

それは言葉でしかなくて、勝てなかった。

 

頂上の自販機で買ったさんぴん茶も全然冷えてなくて、

口にした瞬間「ぬるっ!!」って思わず言葉が出てしまった。

 

びょうびょうと広がる島の全景。

小さく非力な自分が

山に笑われている気がしました。

悪くない笑い方だったので、

わたしもつられて笑ってしまいました。

 

 ちなみに、この日にたどりついた宿は

上の写真の中央に見える山の裏側です。

 

 人間やればできる。

 

だれもが口にする言葉を身を持って体験しました。