読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うめの式

京都在住のライターうめのが綴るあれこれ。

島チャリの旅@石垣島⑥

【10月7日(木)朝/天気:晴れ】

 

いつものように9時ごろに起床するが、何やら頭が重い。

まだまだ30度近く気温があるというのに、何やら寒い。

これは・・・と思い、同じドミに泊まっていた子に体温計を借りた。

 

37度7分。 

 

間違いなく風邪である。

チャリの疲れと(一般人は4時間も漕がない)、

昨晩の屋上飲みが体に出たのでしょう。

 

しかし、なぜ今?

めったに風邪なんかひかないのに、

なぜバカンス中の今なの!

 

そんななわけで、その日は一日ベッドの上で過ごした。「風邪ひいた」と言ったら、朝からいろんな料理が出てきた。

アレ食えだの、コレ食えだのといった調子。

食欲は落ちてないので死ぬ心配はないと判断し、

(わたしはどんなに熱を出してもご飯だけは食べる)

一応持ってきておいた葛根湯を飲んで寝た。

タオルケットを2枚にし、エアコンを弱めにして、じっと目を閉じる。

 

みんな外に遊びに行ってしまっていて、ドミの中は静か。

鳥や蝉の鳴く声や、風にゆれる木の音がすると、

昔、まだ小さいころ、

こうやって熱をだして学校を休んだことがあったなーと、

思い出してみたりした。

熱でダルダルなんだけどね、ちょっと贅沢な気もしてね。

オーナーの奥さんに借りたアイス枕が気持ちよかった。

 

ふと気付いたらお昼。

一緒のドミに泊まっていた、

元漁師で現在絶賛旅人中のタケシさんが

「カトマンさんが、うどん作ってくれたでー」と

お昼に誘ってくれた。

リビングに行くと、

ホットプレートに温かそうな煮込みうどんが!!

ナイス療養食!と思いながらズズズっと頂く。

この日帰るというカナダ人3人組も一緒に、ズズズー。

 

「チョップスティック上手だね」

って言ったら笑ってた。

たぶん、通じてるはず。

 

カナダ人が帰り、

タケシさんもこの日帰り、

帰り間際の記念撮影。

 

f:id:umenoshiki:20160121123927j:plain

 

相変わらずドミの中はシーンとしている。

 ちょっと寂しい。

っていうか、かなり寂しい。

寂しいっていうか不安!!

このまま熱上がったらどうしようとか、

帰れなかったらどうしようとか、

いろいろ考えておうおうーーってなる。

 

たまたま休日だった旦那にお電話。

まだ付き合ったばっかりだったなー。

一安心してさらに寝る。

 

起きたら夕方になってて汗びっしょり。

ドミでヘルパーをしていたマサトくんが

冷えピタと栄養剤を買ってきてくれたので、

元気になったー!

 

f:id:umenoshiki:20160121123950j:plain

って、なるはずはなく。

f:id:umenoshiki:20160121124008j:plain

熱中症で具合が悪いというカズくんともども、

今日は缶ビール1本だけ開けて、静かに休みました。

この日がお好み焼きだったのにねー。

 

f:id:umenoshiki:20160121124026j:plain

 

ちなみに6日間の滞在中、きれいに晴れたのはこの日だけ。

ほんとタイミングが悪いわー。。。

日ごろの行いなんだろうか。

 

でも、1日ドミにいたおかげで、

その日岐路につく仲間にバイバイができました。

 

帰る人がいれば、来る人もいる。

ドミトリーはそういうところ。

別れは寂しいけれど、

 

「また、いつかどこかで」

 

っていう言葉が、いつまでも胸の中に反芻していて、

キラキラしているんです。不思議。