うめの式

京都在住のライターうめのが綴るあれこれ。

フォトフェイシャル1回目。

結婚式を再来月に控え、極端に小さな目や、小さな鼻はどうにもならなくとも、

「そばかすくらいはどうにかできるのでは・・・」

と思った結果、ついにフォトフェイシャルを受けることに決めました。

 

美容関連の記事もさんざん書いてきたのに、

“顔をきれいにする”ということに関しては、

どこか諦めていたわたくし。。。 

もんのすごい美人でもなければ、

誰しも顔に1つや2つの悩みはあるでしょう。

それが当たり前! って思っていたんですね。

 

でも今後のライティングワークの幅を広げ、

なによりも20云年間付き合ってきたそばかすとサヨナラするため、

フォトフェイシャルを受けることにしたのです。

  

フォトフェイシャルのなんたるかは公式ホームページを見てもらうとして、

フォトフェイシャルを受けるかどうか迷っている人の多くは、

「どこで受けるか」に悩んでいるはずです!!

ブログなどでもその効果効能については書かれていても、

施術した治療院の名前を載せているところは少ないでしょう。

わたしは書きます!

わたしは、千葉県は柏のアン コスメクリニックで受けました。

 

ここにした理由は3つ。

 ①医師が直接カウンセリングと施術してくれる

あるクリニックでは、看護師やエステ上がりの

お姉さんが施術するところもあるそうです。

でも、お医者さんなら安心です。

 

②100ショット保障

顔全体、まんべんなく照射してもらえます。

 

③施術毎の支払い

金額回数はまちまちですが、例えば、4回分で10万円と提示して

それを初回に払うクリニックがほとんどに対し、

ここは1回25.000円で、これを施術毎に支払います。

いっぺんに支払ってしまうと、途中で施術を止めても

お金は戻ってきませんが、施術毎なら行った回数分だけで済みます。

 

そんなわけで1回目の施術後の写真です。 

f:id:umenoshiki:20160120155500j:plain  f:id:umenoshiki:20160120155505j:plain

 

この写真は照射後2時間の写真です。

分かりにくいですが、少し赤みが出ています。

照射直後はもっと赤かったです。

照射中はゴムではじかれたくらいの小さな痛みと、

肌の焼けるにおいがしましたが、

気になるほどではありません。

 

照射後シミやそばかすは一旦色が濃くなりますが、

5~7日程度でかさぶたのようになり、

ぽろぽろ取れるそうです。

色が濃くなっても、

わたしは化粧でカバーできるくらいでした。

f:id:umenoshiki:20160120155505j:plain → f:id:umenoshiki:20160120155608j:plain

日焼け止め&化粧下地、リキッドファンデ、

パウダーでここまで目立たなくなります。

コンシーラーをつければもっと隠せるかも。

 

フォトフラッシュは毛穴の開きや肌のくすみ、

赤ら顔、小じわなどもきれいにしてくれます。

肌質の改善に役立つということですね。

またぽろぽろ取れてきたらアップしたいと思います。

 

(写真見苦しくてすみません。

 でも分かりやすいように乗せてます。御容赦!)