読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うめの式

京都在住のライターうめのが綴るあれこれ。

奥田民生が好き

「スポーツと音楽のことは書くな」と昔言われたことがあります。

趣味で書くうちは四畳半の世界から出られないんだそうです。

四畳半の世界ほど面白くないものはないだろうけれど、

このブログ自体がすでに四畳半かと思いますので、先生書きますよ。

***

奥田民生が好きです。

私は音楽をかじっていないので、

曲の編成だとかメロディーラインがどうのこうのということは言えないのだけど、

「ほかのどんなミュージシャンも持っていないモノを、民生は持っている」

ということは分かります。

それが何かといいますと、残念ながら言葉にはできません。

力強いようで、誰よりも力を抜いているし、

作り込んでいるようで、即興のような自由さもあり、

言うなれば、そういう「矛盾」が民生らしさかもしれません。

その「矛盾」が最高にいい感じで現れたのが……

『マシマロ』

すごく売れたんですってね、これ。

当時中学生で民生のことをまだ知らなかったんだけれど、

CMで流れていたのは覚えています。

韻を踏んだ歌詞が曲のテンポとよくあってて、みんなが口ずさみたくなる。

でも『マシマロ』の魅力はやっぱり最後なんです。

「マシマロは関係ない 本文とは関係ない」と歌っているように、

タイトルと歌詞は関係ないんです。マシマロのことなんて何一つ歌っていない。

最後まで聞いてやられた~!!って思う。

こんないい曲作っておいて、作った本人の気の抜きまくりようったらない。

意地悪そうに笑っている民生の顔が浮かびます。

『And I Love Car』

どうしてこの曲を作ったのかと問われれば、

「好きだったから!それだけ!」って答えるんだろうなぁという曲が

民生にはいくつかある。その最たるものがこれだと思う。

車に乗ると必ず口ずさんでしまう、やはりテンポのよい曲。

「車はあくまでも快適に暮らす道具 車に乗らないといけないわけではないぜ」

と言っておきながら「だけど好きなんだ、いいだろう?」と続くのにはまいった。

いいよ、仕方ないよ、好きなんだもんな、と納得してしまうのです。

『たばこのみ』もそう。

「だれがなんと言おうと たばこを愛している」が歌いだし。

好きなもの好きだと歌ったこんなにも自己満な曲を、みんなが好きになる不思議。

民生の持つ人間としての魅力なのでしょう。

『The STANDARD』

民生の"定番”。

「あなたを想うとどれほど苦しいと 言えるまでの愛じゃないとないと」と

歌詞はそれこそラブソングの定番とも言えるようなもの。

普段あまり愛だの恋だのを歌わない民生が歌うとそれはもうすごいことになる。

それは、本当にもう、すごいことに!

民生でないと歌えないラブソングなのです。

『CUSTOM』

『CUSTOM』は『The STANDARD』とはまた違うラブソング。

民生の「吠え」がある。

伝えたい想いと、照れに苛まれる民生が吠えております。

「誰か 誰か 見ててくれないか」

「誰か 誰か 聞いてくれないか」

「届け 届け 響け そう響け」

アルバム『E』では、『CUSTOM』『ヘヘヘイ』『The STANDARD』『ドースル』で

最後を締めくくっていますが、

この並びにも、やはり民生の照れを感じます。

『ひとりカンタビレのテーマ』

アルバム『OTRL』は一番好きなアルバム。

その中の『ひとりカンタビレ』はとくに好きな曲です。

ひとりでいる気楽さ、自由さ、楽しさを、たんたんと歌い上げながら、

最後でやはり「着替えて、片付けて、君が来るのを待って」いる。

ゆったりとした曲調やラインは、最後のその一行に結びつけるためのもので、

作り込んであるのに、作り上げない感じに、やはり民生らしさがるように感じます。

『スタウダマイヤー』

民生は「旅」を連想させる曲をいくつも作っています。

有名な『イージュー★ライダー』や『さすらい』にしてもそうだし、

『またたびをする』『たびゆけばあたる』のようにタイトルに入っていることも。

そんな民生の”旅歌”の最高峰だともちろん勝手に思っているのが、

『スタウダマイヤー』。

どこまでも平坦で抑揚のない曲調。

だからこそこの曲は難しく、ほかの人にはマネできないだろうと思います。

スタウダマイヤーの歌詞で一番好きなのが

「地図上では北が上だけど 僕にとっては西も東も全部 前」のところ。

自分の進むべき道が分からなくなってモヤモヤしたときに聞くと、

自分の向いているほうが全部「前」になるんだな、と元気をもらえます。

民生は語りだしたらきりがないのでこのへんで一度おしまい。

ちなみに、旦那も民生好き。

東京で雪が降った日に「ぼくらの街に今年も雪が降る~♪」とツイートしたら

(民生がギターボーカルをつとめるユニコーンの『雪が降る街』より)

「見慣れた街に~白い雪が~積もる積もる~♪」と

歌詞の続きリプライしてくれた人がおりました。

それがまだ顔も知らなかった今の旦那です。

これがきっかけでお互い民生好きなことを知り、

入籍日もユニコーンの『すばらしい日々』のリリース日にしました。

これぞ「ユニ婚」でございます←?