読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うめの式

京都在住のライターうめのが綴るあれこれ。

ドラゴン・タトゥのーの女

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

(2011/09/08)

スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

(2011/09/08)

スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る

映画館で予告を見たときに面白そう!

(でもグロテスクなの苦手で見れなさそう!)

と思い、原作を購入。

これがすんごく面白い。

もともとミステリー、サスペンス小説は読まなかったのですが、

本当に喰わず嫌いというか、読まず嫌いでした。

わたしは頭がよくないので謎解きなんて一切できないし、

もともと結末を考えて物語を読む方ではなく、

登場人物の心理に入り込んでしまう型の読者です。

なのでミカエルの思考に置いてけぼりになったりもするし、

リエットが可愛く思える。

エリカの苛立ちも、ディクルの心労も、ドラガンの父性愛も

よく分かる。よく分かるということは、それだけ心理描写が細かいということ。

たくさんの人間が出てくるこの作品で、

「あれ?だれだっけ?」とならなかったのは、

キャラクターを印象付けるこの細かい描写にあると思います。

あれだけの長編物語であそこまで書ける、筆者の体力、筆力が天晴れ。

2巻に入ってからは謎解きに次ぐ謎解き。

新たな真実に次ぐ真実。

でも慌てずに、冷静に、流れるスピードが心地よいです。

映像化されたもの、ぜひ見てみたいけど、

殺人シーンはきっとグロテスクそのものだと思うので控えます。

ミレニアムシリーズ、続けて読んでみたいと思います。