うめの式

京都在住のライターうめのが綴るあれこれ。

島チャリの旅@石垣島③

バンナ丘公園から川平湾を目指す。

 

【10月5日(火)朝・天気:晴れときどきくもり】

バンナ丘公園を死にそうになりながら登ったあとは、下り道。

「登った分、下りがあるよ」という友人の言葉が

何よりも支えになった瞬間。

イージュー★ライダーを聞きながら足を投げ出して、

車が全然こない道をひたすら下り続ける1本道。

川平湾を目指す。

 

 

f:id:umenoshiki:20160121122756j:plain

途中、ヤギもいる。

 

 

f:id:umenoshiki:20160121122814j:plain

途中、沖縄そばも食べる。

ちなみに、島トウガラシを入れすぎて途中から唇が腫れた。

辛いというより痛い。

いや、しかしうまかったです。満腹!

 

 

山道続きだった208号線は、

元名蔵で海岸線79号線に入る。

石垣島に来てからまだ一度も海を見ていないわたくし。

やっと海ーーーーーー!

と、思ったらあいにくのくもり。

うーん。あんまりきれいじゃない。

でも、こういうのみると、沖縄ってかんじがする。

 

f:id:umenoshiki:20160121122909j:plain

マングローブ

引き潮だったので、カニがいっぱいいました。

 

 

 

79号線をさらに北に進み、

最後の山道を登ったところで、

2日目の宿、川平湾に到着しました。

 

川平湾は日の傾く方向によって海の色が変わっていく美しいビーチ。

この時期はマンタが回遊するマンタスポットへもぐるべく、

至るところからダイバーたちが集まります。

 この川平湾にすてきなゲストハウスがあることは、ネットで調査住み。

さっそくお電話。

 

「はい、イリワです」 

「今日そちらのドミトリーは空いてますか?女一人です」

「女性一名ですね、大丈夫ですよ」

「今自転車で近くまで来てるんですけど、場所がよく分からなくて」

「? クラブメッドの方ですか?」

「いいえ。(なんだクラブメッドって?)」

「あ、そうですか・・・じゃあゴニョゴニョゴニョ」

 

道順を教えてもらってついたのがこちら!

 

 

 

f:id:umenoshiki:20160121123007j:plain

ゲストハウスイリワ!

素泊まり1泊2000円。

 

母屋にて迎えてくれたのは、

美人オーナーのまゆさん。

ママチャリでリュックサック背負ったわたしを見て、

「町からママチャリできたの?!」という驚きよう。

クラブメッドって、川平湾にある会員制の高級リゾートホテルで、

そこの宿泊者が興味本位で来たのかと思い、

さきほどの会話である。

残念ながら、東京からの貧乏OLです。

 

簡単な施設案内をしてもらい、荷物を下ろす頃、

ドミトリーの仲間もちらほらと戻っていらした。

先にビールの買いだしを済ませ、シャワーを浴びる。

 

手には豆。

山道を4時間も走り続け、お尻は痛いし、

ペダルを何度もスネにぶつけあざだらけ。

でも、暑いシャワーが心地よかったよ。

 

冷え冷えのビールを持って屋上に出れば、

川平湾を見渡すことができて、

風は気もちよいし最高な気分!!

 

 

明日は何をしようか。

いや、何もしなくてもいいか。

 

 

どこまでも自由。

 

 

そんなすばらしい気持ちでした。

 

f:id:umenoshiki:20160121123045j:plain