うめの式

京都在住のライターうめのが綴るあれこれ。

島チャリの旅@石垣島⑤

【10月6日(水)朝/天気:くもり】

 

朝ご飯は、パンとコーヒーとサラダ。 

f:id:umenoshiki:20160121123420j:plain

パンは自分で買ったけど、それ以外は全部人のもの。

ゲストハウス利用者のしきたりというか、

余った食材は宿に置いていくのが常で、

(いたみやすいのは処分していきましょうね)

コーヒーも誰かが置いていったものだし、

サラダの材料も誰かが置いていって、

カトマンさんが調理してくれたもの。

パンにつけるバターもね。

いやーありがたいことです。

東京にいるときよりちゃんとした朝食です(笑)

 

この日は川平湾から自転車で1時間弱のところにある

米原ビーチに行きました。

石垣島に来て3日目。

まだわたし、海に入ってなかったのです。

水着を下に来て、Tシャツ短パンビーサンでチャリを漕ぐ。

 

f:id:umenoshiki:20160121123440j:plain

 

石垣島の自然は雄大ですね。

森の中みたいなとこ走りました。

いや、森っていうか山なんですけどね。

アップダウンも激しく、1時間弱とはいえ結構堪えました。

 

そしてついた海!!

 

f:id:umenoshiki:20160121123452j:plain

 

おー海だー!と思ってパシャパシャしてたら、

近くで海の家をやっているおっちゃんに

「せっかく来たんだから泳げ!」と、

半ば無理やりラッシュガード(日焼け防止のスイムウェア)と

シュノーケルを手渡された。

 

いやいや、もうこうなればとことん楽しんじゃったほうがいいと、

この海の家にお世話になることに。

するとおっちゃん、

「おっちゃんでなく、にいにと呼べ」

な、なんですと?

にいに・・・・・って?!

涙そうそう」で長澤まさみちゃんが

言ってるのしか聞いたことないんですが!

 

そんで、まあにいにの歌など披露していただきまして、

三線などもちょっと教えていただきまして、

 にいに特製の沖縄そばゴーヤチャンプルーを食べる。

 

f:id:umenoshiki:20160121123527j:plain

 

これがうまいんだ。恐れ入ったよ。

そして海!

これはもうさすが沖縄としかいいようがないです。

泳いでも泳いでも魚、魚、魚。

海の中、極彩色。

きれいすぎ。

晴れてたら、あと10倍きれいだったけどね。

でも大満足。

これぞバカンス!って感じでした。

f:id:umenoshiki:20160121123554j:plain

 

 

しかし、にいにとのデートは続く!

にいにのシーハウスを利用していたカップルを送りに

なぜか一緒に空港へ行き、

途中で三線のお店(カップルのお土産用)と

喫茶店に立ち寄り(おっちゃん腹ヘリのため)、

夕飯の支度のためにスーパーに付き合わされ、

 

米原ビーチに戻ってきたときにはすでにあたり真っ暗!

 ええーーこっから1時間かけて川平まで戻るんすかー!!

と焦るわたくし。

いや、時間はいいんだよ。 

 

ま っ く ら な ん だ よ !

 

闇!闇なの!

電灯300メートルおきにしかないの!

わたし暗所恐怖症で暗いとこいくとまずいことになんの!

かといって、おっちゃんハウスには泊まりたくない。

このへん民家ないし、もしものことがあったら・・・・。

こうなりゃ死ぬ気でチャリ漕いで帰るしかないと、

さくっと車を降り、 

「にいにバイバイ!!」

と挨拶をし、チャリにまたがったその瞬間、

「ちょっと待ちなさい」

 

ほらキターーーーーーー!!

襲われるーーーーーーーー!!

 

と思ったら、川平まで送ってくれることになった。

なんでもこのにいに、

わたしが泊まっていたゲストハウスオーナーと顔見知りなんだとか。

仮にも客商売。

知人の客を連れ回したあげく夜道放置はねーだろうと。。。

 

 

ゲストハウス着いた瞬間・・・

リビングでみんながお酒飲んでるのを見た瞬間・・・

 

心底、安心した!!!!

 

ちょっと涙出るかと思った!!!!

 

別に何もなかったからいいんだけど、

旅の中じゃ自己防衛というか、

リスク管理も忘れてはいけないんだと実感しました。

「人を信じすぎちゃだめだ」ってにいにも言ってたしね。

あなたが言う?笑

 

夜はこの日も宴。

 

f:id:umenoshiki:20160121123737j:plain