読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うめの式

京都在住のライターうめのが綴るあれこれ。

人生の月曜日。

今週一杯で終わる「仕事」と「東京生活」。

編集者になりたい と、編集者が何なのか

分からない中学生の頃から思っていました。

ずっと憧れだった神保町の交差点。

アシスタントから正社員になった日は、

曇り空だったのをよく覚えています。

仕事は、できるなら辞めたくなかったけど、

いつかはフリーランスになるつもりだったので、

それが早まっただけだ と、前向きに考えています。

東京を離れることになる とは思ってもみなかったけど、

3年前、石垣島を一人旅したときに感じたわくわくを思えば、似ていなくもない。

見知らぬ土地、知り合いもいないし、頼れるのは自分の力だけ。

それでも世界は広がっていて、歩けば道ができる、つながっていく。

どこへ行っても、自分を見失わなければ、

不安はわくわくに変わります。

来週の月曜日は、きっと「人生の月曜日」。

「終わらせるもの」と「始めるもの」がいっぺんにやってくる。

今までの日々は日曜日だったのかしら、と考えます。

「楽しい日曜日」と

「楽しくない日曜日」と

「怠惰な日曜日」で構成された、

25年6ヶ月と25日。

終わってしまう休日に「あーあ」とため息をつきながら、

まったりとした蜜ような夜に目を閉じる。

洗いたてのシーツにくるまってしあわせな夢を見れば、

きっといい月曜日がやってくるでしょう。

そんな気分です。おはようございます。